sagisayaの気まぐれぶろぐ

なにやら色々と書いてるブログです。内容も更新頻度もすべては気分しだいで^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花と乙女に祝福を

花と乙女に祝福を 初回版花と乙女に祝福を 初回版
(2009/05/29)
Windows

商品詳細を見る
久しぶりにタグ使う記事の更新ってことで、
あれ? どこいじるんだっけ?; って感じに(--;

まぁそんなことはともかく、久しぶりのゲームの感想記事は、
仕事が始まる直前に買って、少ない時間でちびちびとプレイしてちょっと前に終わった、
"花と乙女に祝福を"です。

続きを読む(折りたたみ式)


個人的にさりげなく好きな主人公が女装して女子校に通うという設定w

そして今作は双子の妹のために…ってことで一応"仕方なく"女装して女子校へ。

まぁこの手の作品は結構出てて、なんとなく似たような設定のものもあったような気がしますが…

やっぱりなんとなく惹かれて、気づけば買っちゃってました^^;

で~、やってみた感想としては…

ふっつ~ですね(--;

これ! …といった感じで印象に残る場面もないですし…
なんとなく終わり方が全体的にいまいち;

全体的な流れはほぼ"おとボク"といった感じでしたしw;(あっちの方が新鮮さとか色々な意味で上ですが

キャラとかは結構好きなんですがね~
もうちょっとシナリオに面白みが欲しかったですね(--;
妹が攻略できるとかw

でもまぁ、つまらない~ってわけでもないので、そこそこには楽しめました^^;(少なくとも同時進行していたヴァルキリーコンプレックスよりはw

ボクの手の中の楽園

ボクの手の中の楽園 初回版ボクの手の中の楽園 初回版
(2009/03/27)
Windows

商品詳細を見る
今週(?)もなんだかんだいってバタバタしてました…

まあ今回もそれについて書く前にゲームの感想をば…

続きを読む(折りたたみ式)

…ってわけで今回プレイしたのは"ボクの手の中の楽園"です♪

さて、まずやってみた印象ですが…

舞台設定的にシャマナシャマナの世界観とつながってる(?)…ような…まぁつながってないにしても似てましたね~

ルーツィエは召喚魔術使ってましたし、暦の名前が一緒だったりもしましたし^^;

それになんだかんだ言って今思えば構成も似てるような気がしますね~
久しぶりに故郷に帰ってきて馴染み、故郷を侵略から守る……今回は記憶を失ってますがw

まぁシャマナとの関連はともかくとして、内容的にコンスタントに楽しめましたね~b
キャラ良し、掛け合い良し、本筋のシナリオ良しで♪

物語、読み物として楽しむ分には個人的に今作が同メーカー内では一番きっちりできていて楽しめたのではないでしょうか…(作品的にはおとぼく・好み的にはあえかな・シャマナの方が上ですがw

しかし…テアのシナリオを読まないと物語の全貌がつかめないっていう構成は…ちょっと微妙でしたね~
テアのシナリオをからやらないと途中もちょっとひっかる部分もあったりしましたし…
全貌がわからないまま中途半端な感じで度に出る~みたいな感じのエンドばかりで純粋にキャラとの掛け合いが楽しめませんでしたし^^;

…テアからやれば問題ないんでしょうが…事件の全貌は最後にわかった方がいいような~ってことで…難しいところですw;

まぁ繰り返しになりますが、ほんと全体的にそこそこ楽しめた作品でした♪

DAISOUNAN だいそうなん

DAISOUNAN だいそうなんDAISOUNAN だいそうなん
(2009/03/27)
Windows

商品詳細を見る
2週間ちょっと放置して久々の更新…なんですが…
この放置期間のことを書く前にひとまずその間ちまちまやってたDAISOUNANの感想です^^;

続きを読む(折りたたみ式)

今回のソフトハウスキャラの作品は南国ドミニオンの発展版(?)のような作品…

前回のような無人島…ではなく…今回は無人惑星…
システムもそこそこ進化しているみたいですし…

前作はキャラのゲームとしてはちょ~っといまいちな感じでしたが…
今回は…

…と思って、絵がかなり買うかどうか迷わせてくれましたが、結局キャラのゲームというわけでいつもどおり購入^^;

…で、やってみた感想ですが…

やばいですね!?

なにがやばいかというと…ストレスとむなしさでやばいです;

キャラのゲームというと恐るべきリロード回数とか細かいCGの回収とかそういったものはあんまり苦痛に感じないんですが…

今回は相当きつかったです;;

中盤、本気でなにすればいいのかわからなかったりとか、施設をひたすら作り続けるだけの日々、キャラと会話するためにキャラが来るまでリロードとか…

前の南国ドミニオンも若干似たようなところがありましたが、あちらの方がマップも限定されてましたし、個々の争いみたいなものにまだ少しでも意味があっただけ楽しかったですね^^;

今回は少しミコトの条件に絡んでるだけでそれ以外あんまり他の連中と争うメリット0でしたし…
美冬さんたちと合流してからは本当にエンド条件のためにせっせと会話し続ける日々…
惑星の脱出条件もやたらゆるかったですし…

ん~、ほとんどいいところがなかったような…
最初はほんとに漠然としてたんで楽しめてたんですけどね…

前作ウィザーズクライマーで久しぶりにキャラのゲームでかなり楽しめたので少し残念(--;
絵もちょっと…って感じだったので次の作品はまた頑張ってもらいたいものですね…

Canvas3 "白銀のポートレート"

Canvas3 ~白銀のポートレート~ Canvas3 ~白銀のポートレート~
(2009/03/20)
Windows

商品詳細を見る
卒業しても色々忙しくうろうろしてますが、合間を縫ってしっかり"Canvas3"をプレイ♭

自分のHNの由来ともなってるシリーズってことで、結構期待していたんですが…w

続きを読む(折りたたみ式)

ん~、正直なんとなくやる前からあんまり~な作品なんじゃないかな~(最近のF&C的に)
…とか思ってましたが、でもCanvasってことであわ~い期待は持ってたんですけど…

嫌なほうに見事に的中しました(--;

なんというか…ひどいですね…
正直Canvasじゃなければ一キャラクリアーした時点で

『う~ん…外れ?;』

といった感じで投げそうなレベルかも;

具体的に言うと、

まずシナリオは…内容薄いのを無理に引っ張ろうとしてる感があったり、
話の展開がいまいちでノリ切れません。
…淡々と読んでいってたらいつの間にか終わり、後にはな~んにも残りませんでした;;
話の展開に波もないですし~、正直終わってみると恋華以外は似たような印象しか残ってない(--;
あと、なんていうか1と2に比べると絵っていうものが物語の中でかなり軽い感じがしましたし…1&2にあった感動は見る影もないですね;;

そして個人的引っかかったのが演出面。
頑張ってるな~ってところはあったんですがそれ以上に引っかかるところ多すぎます;
なぜここでこんなBGM?立ち絵での演出が高速すぎところがあったりとかw …etc

キャラとかわりと粒揃いな気がするんですけどね~
利奈はほんとに明るくて笑顔の立ち絵がすごく印象的でしたし、
恋華のぽわぽわしてて可愛かったですし、
遊佐先輩は設定だけでストライクw
涼は色々と霧と空気が被っててにやりww

しかし…悠太は…ほんとにいらないような;
ギャグ要因としてもいまいちだし、かといってシリアスにもまったくからんでない…心なしか立ち絵も他に比べると若干ひどい?;

まぁ、結局…これといって見れるところがなく、
Canvasシリーズっていうのを除いても内容のうすい微妙な作品ですが…
Canvasであることを考えると…1&2と比べてあまりにも悲しいでき;
う~ん…なでしこでにごり始めてたCanvasに対する印象がさらににごった;;

次もし出るなら次こそは1や2のような感動が味わえるようなのを出してもらいたいですね~(--;

俺たちに翼はない

俺たちに翼はない -Limited Edition-俺たちに翼はない
-Limited Edition-

(2009/01/30)
Windows

商品詳細を見る
ちょっとだけ、ちょっとだけ~という気持ちでやり続けてたら…結局一気にプレイ終了(--;

…ほんとにこんなことやってる場合じゃないんですけどね~;;
まぁ最低限以上にはやれることやってますし、こういった息抜きしないと即発狂(ちょっといいすぎw)ものの状況なんで○○活動に影響しない範囲内でやり続けてました^^;

…ってわけで以下俺つばの感想です。

続きを読む(折りたたみ式)

とりあえず言えることは、ほんと~に

笑わせてもらいました!

そうです、こういった描写をそれ散る以降ずっと待ち続けてたわけです♪

主人公は多重人格で、各人格にそれぞれの付き合いがあって、かなりの量のサブキャラがいたわけですが…
全員半端なく濃いです!
あれだけキャラいたらちょっとぐらい被っていそうなもんですけど、それぞれの個性が際立ってて、
そんなキャラが延々日常というコントを繰り広げてくれてる感じで、
終始笑いがとまりませんでしたw

ひたすら笑わせてくれてる中、話の構成も良くできていて、
最初のタカシ編では、ほんとにグレタガルドに信憑性がありましたし、
次の鷲介編では主人公が切り替わったように感じ、
隼人編では違和感、そして多重人格であることが明かされ、ほんとに線がつながりました。
そして主人格がようやく出てきて、各人格の専用ルート→鷹志人格統合ルート。

あっさり説明するとこんな感じでしたが非常にうまく書かれていて、ほんと細かいところまで読み応えがありました~♪ (別人格で付き合っている人との接触時にぼろをださないか~とかetc
あ、ガルーダは割愛で~ww

ほんと今回は非常によくまとまっていて良い感じだったんですが…
ギャグが強すぎてどうしてもラストの真面目な部分がこじんまりとしてまとまってるように感じるのが個人的に唯一の難点(?)でしょうか^^;
日常から族同士の抗争にいたるまでキャラのせいかギャグっぽく、シリアスな感じがなかったのでほんと、急激にシリアスになった感もありますし;

まぁ、ほんとに投げられてしまった感のあるそれ散るに比べるとシリアスも全然良いですけどね~w

あと、亜衣に攻略を~、とか吉川ことキッカワの扱いひで~、とか謎の下級生、あれ何?…とか、京ヤンデレすぎだろう!…とか細かい不満とも願望ともつかないものはいっぱいありますけどね~w^^;

他、シナリオ以外もわりと高いレベルでまとまってましたし(個人的にあまりにシナリオが突き抜けてたのであんまり目が行かなかったので自信なし;)

まぁ、とりあえず…
待たされたかいはありました! …たぶん;

ほんとに名作です!
FDとか出してもらいたいですね~♪
不遇な扱いの亜衣とか、あと紀奈子、アリスあたりのシナリオとか、サブキャラ男性陣の主観シナリオとかあっても面白そうですしb

 | HOME |  »

カレンダー

« | 2017-07 | »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

プロフィール

sagisaya

管理人について
管理人:sagisaya
職業:大学生
生息地:近畿
性別:♂
血液型:A型
趣味:ゲーム,絵描き,ラノベ,衝動的ネトゲープレイ,ステマニ

備考:就職活動準備のためにコンシューマー系ゲーム機器はすべて封印…したはいいけど元からひたすらPCゲーばかりしていたのでその比重がさらにましただけで意味をなしていない現状w;

さらに詳しくはこちら

ランキング

各種ランキングに参加中です。
宜しければクリックお願いします♪





にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ

感想記事商品一覧

気になった商品があれば↓からAmazonへどうぞ~

editaパーツ

edita.jp【エディタ】

RSS

  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • 広告

    FC2Ad

    1. 無料 アクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。